忍者ブログ
ホテルマンとして働く私たちの頭の中を、ちょっとだけお見せしちゃいます。
[811]  [810]  [809]  [808]  [807]  [806]  [805]  [804]  [803]  [802]  [801
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

34日間にわたる過酷なチェックイン・トレーニングを終え、私は博多へ戻ってきた。

改めてクリオコートのカウンターへと向かった。
そこには、私を以前出迎えたフロントマンが立っていた。
「お疲れ様でございました。無事トレーニングを終えられたのですね」
「ええ、長くつらいトレーニングでした。しかし、その分今の私にはみなぎるパワーが違います」
「そうでしょう。お客様、見違えるほどたくましくなっています」

フロントマンはレジストレーションカードを差し出した。
「さあ、ではこちらにご記入をお願いいたします」
私はその用紙を見て、思わず落涙してしまった。
思えばなんと長いトレーニングだったことか。
ついに念願のチェックインをすることができる。
ペンを持つ手が震えていた。
フロントマンもその様子をじっと見つめている。

やっとの思いで私は記帳を終えた。
大きく息を吐いていた。
フロントマンが小さく拍手をしてくれた。
「おめでとうございます」
私は頬を伝う涙をしきりに拭いた。
フロントマンは私に笑みを浮かべ言った。
「それでは前預かりですのでご料金をお願いいたします」
私はハッとして固まった。


ヘリはゆっくりと海の上を越えていく。
膝の上に操縦士から渡された袋が置いてある。
中の服に着替えろと以前と同じ屈強な黒人があごをしゃくっている。
はあ、と深いため息を吐きながら袋を開けた。
なんで財布を忘れてしまったんだろう・・・・
おかげでチェックイン・トレーニングのやり直し。
しかも次はさらに過酷な内容となるようだ。

遠ざかる博多の地を思って私は一筋の涙を流した。


※よろしければポチッとお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ











拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<< 鼻歌 HOME 耳をとぎすませば >>>
プロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
忍者ビジター
最新コメント
[04/10 てりー伊藤]
[04/10 黒柳徹夫]
[02/09 婚活]
[04/15 NONAME]
[12/09 magazinn55]
投票
あなたの1票が明日のクリオをつくります。
ブログ内検索
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.