忍者ブログ
ホテルマンとして働く私たちの頭の中を、ちょっとだけお見せしちゃいます。
[731]  [730]  [729]  [728]  [727]  [726]  [725]  [724]  [723]  [722]  [721
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「なんですかって、何が?」管理人のおばさんは真顔で聞き返してくる。

「何がって・・・・このリモコンは・・・・おかしくないですか?」

「リモコン?」

「はい、リモコン」と言って私は足元を指差した。その指先を追っておばさんが地面を見る。地面と言っても、どこまでも続くリモコンの大地しか見えないのだが。

「はあ」と気の抜けた返事のおばさん。

しばらく間の悪い沈黙が続く。

「別にいつも通りですけどね」そう言うおばさんの顔には、こちらを明らかに不審人物と思っている表情が見て取れる。実際、おばさんは少し後ずさった。

「はぁ・・・そうですか・・・・」

気味の悪いものを見る視線に耐えきれず、話を早々に切り上げ、私は道路の方へ出ていく。おばさんがこちらをちらちらと窺いながら、また掃除を再開する。

おかしいのは周りなのか自分なのか。訳が分からず私は頭を抱える。必死に昨日のことを思い出そうとする。駅前の居酒屋だった。友人3人と飲んだんだった。その中にはタカシもいた。そういえばさっき電話をかけてきた時、なんだか変だったな。同じ事を繰り返してしゃべっていた。自分もだ。あの時の感覚は自分が自分でないような、何かに操作されているような感じだった。操作、操作。口の中でつぶやいてみる。操作と言えば・・・・・リモコン?

突然バリバリと割れるような音が鳴り響き、びくっとして顔を上げた。見ると大きなゴミ収集車がリモコンを潰しながら直進してきた。

おおおおおおおおおおおおおおお。

後ろへ下がろうとして足をもつらせ、その場に尻もちをついた。

そんな私の目と鼻の先で収集車が止まった。

(つづく)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 第5.5回 HOME 第4回 >>>
プロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
忍者ビジター
最新コメント
[04/10 てりー伊藤]
[04/10 黒柳徹夫]
[02/09 婚活]
[04/15 NONAME]
[12/09 magazinn55]
投票
あなたの1票が明日のクリオをつくります。
ブログ内検索
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.