忍者ブログ
ホテルマンとして働く私たちの頭の中を、ちょっとだけお見せしちゃいます。
[734]  [733]  [732]  [731]  [730]  [729]  [728]  [727]  [726]  [725]  [724
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「聞きたいことってなんべなー!」「なー!」あまりにも特徴のあり過ぎる二人の訛った掛け合いに、こんな場面にも関わらず思わず笑ってしまう。

「なんだー、人の顔見て笑ってー!なー!」「なー!」二人は怒ったようだ。しかし、色黒の顔に入ったシワの位置まで同じで、本当に瓜二つの男二人を見ていると、なんだか笑いが止まらなくなってきた。「あははははははは」と声に出して笑い、力が入らずにその場にへたり込んでしまった。痛い、腹筋が痛い。ゴミ収集車の兄弟は上からぽかんと私を見つめている。何事かと管理人のおばさんもホウキを片手に顔をのぞかせる。道の向こうからリモコンをザクザクと踏みしめながら、出勤途中のOLがこちらを訝しげな目で見ている。犬を散歩させているおじさんが、しきりにこっちに向かってこようとしている犬を引っ張って軌道修正をしようとしている。向こうの通りをデコボコした道を走りにくそうに車が数台かけていく。どこかで猫の鳴き声がする。空は鳥が飛んでいる。

私の笑いは止まらない。

なんだ、世界は何事もないかのように通常運行しているぞ。逆におかしいのは、自分の方ではないか。みんなが怪訝な顔で私を見ている。もしくは近づかないよう避けて通っている。完全に私が変わりものではないですか。なにをそんなに変なものを見る目で見ているの?何がおかしいの?そりゃそうだ、道の真ん中でいきなり笑い始めた男、こんなヤツをおかしいと思うのは当たり前だ。

「お兄さん、大丈夫かー?」「かー?」作業員二人が不安げな顔で話しかけてくる。おまえら、「なー?」だけじゃなくて「かー?」でも共鳴するんだな、と思ってさらに笑ってしまい、私は体をよじらせて地面を転がる。笑いすぎて体じゅうから変な汗が出始めた。でもまだ笑いは止まらない。うおおおおお、く、苦しいぞ。体がけいれんし始める。息が詰まる。

「ffffffっ!」

私は妙な息を吐き、そこでリモコンで電源が切られた様に目の前が真っ黒になった。

(つづく)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 第8回 HOME 第6回 >>>
プロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者ビジター
最新コメント
[04/10 てりー伊藤]
[04/10 黒柳徹夫]
[02/09 婚活]
[04/15 NONAME]
[12/09 magazinn55]
投票
あなたの1票が明日のクリオをつくります。
ブログ内検索
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.