忍者ブログ
ホテルマンとして働く私たちの頭の中を、ちょっとだけお見せしちゃいます。
[776]  [775]  [774]  [773]  [772]  [771]  [770]  [769]  [768]  [767]  [766
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「犯人は、この中にいます」

名探偵・南殿徳三(なんでんとくぞう)は言い放った。

部屋の中の空気は一瞬にしてはりつめた。

「どうして、どうしてそんなことが言い切れるんだ!」

この屋敷の主・白根栄蔵(しらねえいぞう)は声を上げた。

「新田くんが死んだ時に、みんなこの部屋でババ抜きをしていたんだぞ!

それは君も知っているだろう!」

「そうよ!お父様の言う通りだわ!」

白根の娘・栄菜も負けじと声を張り上げる。

「南殿さん、そうおっしゃるのなら、何か証拠がおありなんでしょう?」

栄菜の兄・栄士が眼鏡を中指で押し上げながら冷静に尋ねる。

「もちろんですとも」

南殿は自信満々と言った声で答える。

「ほう、それでは見せてもらいましょう、その証拠とやらを」

栄士も挑戦的な目つきで南殿を見返す。

「よろしいでしょう。それではこちらのワイングラスをご覧ください」

南殿が緻密に練られた殺人計画のトリックを暴いていく。

なんだかんだあって犯人である家政婦の仁多(にた)が連行される。

仁多はパトカーに乗り込み、同乗の刑事たちに話しかける。

「完璧だと思ったのに、南殿さんには見破られてしまいましたわ」

「そりゃそうさ、あいつは何でん解くぞう」

「一体、あの方はどういうご経歴の方なんですか」

「そりゃ知らねえぞう」

「俺も知らねえな」

「僕も知らねえし」

正体不明の名探偵・南殿徳三は今日もどこかで事件を解決しているかもしれない。

(この物語はフィクションであり、登場する人物はクリオコートとは関係ありません)


※よろしければポチッとお願いします↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ








拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
<<< 一家 HOME さくら >>>
プロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者ビジター
最新コメント
[04/10 てりー伊藤]
[04/10 黒柳徹夫]
[02/09 婚活]
[04/15 NONAME]
[12/09 magazinn55]
投票
あなたの1票が明日のクリオをつくります。
ブログ内検索
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.