忍者ブログ
ホテルマンとして働く私たちの頭の中を、ちょっとだけお見せしちゃいます。
[239]  [238]  [237]  [236]  [235]  [234]  [233]  [232]  [231]  [230]  [229
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

   新春のお喜びを申しあげます。
 本年も、直心是道場の精神で頑張りますので宜しくお願いします。
今回は、茶の湯をとおし私事ではありますが日常生活で美感できる美の体験を語らせて頂きます。
 去年の暮れになりますが、茶会の茶席に入らせていただき、茶の美学を体験する事ができました。体験を通し、茶道を一言言葉で表すと総合芸術だと思います。そして、茶道の本より、茶人の修行は掃除に始まりまた掃除に終ると書いてありました。これは、日常生活の中で体験できる事だと思います。掃除をする事、それは美しくする事、美への追求ですよね。
美を測る物差しは人によって異なりますが、これを追求するという事は自分自身をより向上させ磨くという事ではないでしょうか。
 私は、茶室で働くようになり4年たって少しではありますが、日々是好日、毎日の職場の経験により、何かの資料をただ読んで何かに書き込むのではなく、自分の経験などで理解した事を書いております。
 私は、幼い頃茶道に接する事がありました。今だからこそ言えますが、ここで働くまでは、茶道なんて厄介だし正座をしてきつい、堅苦しいと思っていました。私は小学校の頃からデザイナ-になることが夢で、和ではなく欧米の文化に興味を持っていました。しかし、今から5年前にこの夢もあきらめました。そして、茶室で働くようになり、毎日毎日掃除をし、何から何まで決まり事がありすごくつらい思いでした。私は何故ここで働いているのか、私の夢はデザイナ-になる事と毎日悔やんでいました。
しかし、この思いを帰る出来事がありました。きっかけは、二年前ほどから中東のダンス(ベリ-ダンス)を習い始め、ある日先生と衣装をみる事があり、これならわたしも出来る簡単ですねと言いました。先生は、不機嫌な顔をし「これは中東の古くからの伝統 芸術だから、一つ一つに衣装もダンスも決まり事があるのよ」といわれました。この言葉が私の頭から離れず、ある日茶会の席にいれて頂いた時にこの言葉を思い出し、茶道とはすべて決まり事があり畳に足が一歩入った瞬間から一つ一つの動作に決まり事がある。それは、同じくダンスも芸術そしって、私が夢だった服をデザインする事も美です。結局私が求めていたのは形態は違っても美を追求することだと実感しました。日本の伝統そして総合の美を発見する事が出来ました.茶の湯とは素晴らしいものだと思います。
     

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
忍者ビジター
最新コメント
[04/10 てりー伊藤]
[04/10 黒柳徹夫]
[02/09 婚活]
[04/15 NONAME]
[12/09 magazinn55]
投票
あなたの1票が明日のクリオをつくります。
ブログ内検索
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.