忍者ブログ
ホテルマンとして働く私たちの頭の中を、ちょっとだけお見せしちゃいます。
[746]  [745]  [744]  [743]  [742]  [741]  [740]  [739]  [738]  [737]  [736
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「誰・・・ですか?」

突然の登場に、恐る恐る私はたずねた。

「いや、まあ、なんというか、あなたたちを作りだした生みの親、ってところですかね」

メガネをかけた方のスーツの男が、メガネの位置を直しながら言う。

「ええっ、じゃあ、あんたが作者なのか!?」

私は席から思わず立ち上がって叫んだ。

「お前か!こんなぐちゃぐちゃな世界を作ったのは!」

私はメガネに飛びかかった。驚いてメガネがのけぞる。

「ち、違う!違うんだ!」

「何が違うんだ!途中で物語丸投げしやがって!話が全然まとまってないだろうが!」

「いやっ、だからっ、俺も作中人物なんだよ!」

「何を今さらっ!」

私がさらに激しく揺さぶると、彼はくるくると目を回し始めた。

隣のスーツの男が「まあまあ」と言って私の肩をたたいて止めた。

私が手を離したとき、メガネは失神して床にどさっと倒れた。

息を切らしている私の服の乱れを直しながら、スーツの男は言った。

「まあまあ、俺たちの事を話すから座ってくれ」

「あんた誰なんだよ」

「話すから、まあ座って」

促されて私は席に着いた。相変わらずメガネは床の上に伸びたままだ。気付けば、タカシと色黒兄弟が姿を消している。スーツの男は私の向かいに腰掛け、テーブルの上のコーヒーをすすめてきた。自分も飲みながら、彼は話し出した。

「この物語の作者はホテルマン、で俺はそのホテルのマネージャーだ。この話には何度か「○.5回」という回が存在して、俺たちはそこへ登場していた。確かに俺たちは実在する人物なんだけど、あくまでもそれをモデルとした作中人物なんだ。だから正直なところ君と立場は変わらない。今までサブストーリーの登場人物だったんだが、こうして本編の方に出てきてしまった。ここまでは分かるかな?」

「んんん・・・・」私はうなった。

「まあ、理解するのは難しいかもしれない。実際、俺自身もよく分からないんだ。なんだかパラレルストーリーみたいな構成に持って行きたかったみたいなんだが、それがうまく行かなくて、俺たちも作者に捨てられちゃったのよ。で、行き場がなくて、こっちに出て来たってわけ」

「ああ・・・じゃあ・・・状況は俺たちと一緒ってことですね」

「その通り。俺たちもこの中で迷子になってんだ」

マネージャーと言う男は、肩をすくめておどけてみせた。そして、大仰にカップを持ちコーヒーをすする。

「・・・ずいぶんとのんきなもんですね」

「うん、もうなるようにしかならないもん」彼は子供のように言った。それから懐からタバコを出し、火をつけた。後ろから店員がぱたぱたと足音を立てて走ってくる。

「お客様、こちら禁煙なんですけど」

「いいじゃない、どうせ虚構の中なんだし」

「キョコウ?」店員がきょとんとした顔をして彼を見ている。

「まあなでもいいの、とにかく禁煙とかそんなことここでは関係ないの。ある意味自由、フリーダムよ」マネージャーはそう言って手を大きく広げて見せた。「フリーダム!」

店員は「はあ・・・」といぶかしげな眼で見ながら去って行った。

「それで、これからどうしましょう?」私は体を前にかがめ聞いた。

「どうしようかねぇ・・・」煙の輪をぷかぷかと吐きながら、のんびり彼はつぶやいた。

「うう・・・・ん」後ろで伸びていたメガネが声を上げた。

(つづく)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 第19回 HOME 第17回 >>>
プロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ビジター
最新コメント
[04/10 てりー伊藤]
[04/10 黒柳徹夫]
[02/09 婚活]
[04/15 NONAME]
[12/09 magazinn55]
投票
あなたの1票が明日のクリオをつくります。
ブログ内検索
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.