忍者ブログ
ホテルマンとして働く私たちの頭の中を、ちょっとだけお見せしちゃいます。
[744]  [743]  [742]  [741]  [740]  [739]  [738]  [737]  [736]  [735]  [734
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「どうしたんだ」タカシは私の目の前にどかっと座る。「何か用か?」

「今朝、電話しただろ」

「電話?ああ、そういえばしたな」

「お前、ずっと話を繰り返してただろ」

「繰り返す?どういう意味だ?」

「話をずっと繰り返して先に全然進まなかったじゃないか」

「そうだったかな?あまりよく覚えてないが」

「まあいい。それにしてもいつからこんなにリモコンだらけになったんだ?」

「リモコン?」

「ああ、いたるところにリモコンリモコン、昨日までこんなことなかったぞ」

「いったいなんのことだ?リモコンがどうしたって?」

「だから床がリモコンだらけで・・・」

私はそう言って床を指差そうと下を向いた所で固まってしまった。綺麗に磨かれたリノリウムの床が見えるだけで、そこにはリモコンの「リ」の字さえ見当たらない。
それを見たとたん、私の中にめらめらと怒りが燃え上がってきた。くそぉ、作者め、都合が悪くなってきたからリモコンを消しやがったな。

床をにらみつけながら歯ぎしりをしている私を憐れむような声でタカシは言った。
「床がリモコンでいっぱいだって?何を言ってるんださっきから。まだ酔っぱらってるんじゃないのか?」
そうして彼は「ははは」と声に出して笑った。

「笑うな!」私は激昂して立ちあがった。「お前だろ、作者とグルになって俺を混乱させているのは!あの変なリモコンが入っていた段ボール箱にあった「栗田へ」って字はお前の字だ!そうだろ!答えろっ!」

「なーにーを言ってるんだよ、俺にはさっぱり意味がわからんよ。頭おかしくなったんか?」
タカシはニタニタ笑いながら下から覗き込むように見上げてきた。明らかに馬鹿にしている顔だ。

完全に頭に来た。タカシの胸倉をつかみ、引きずり下ろした。彼の顔へ唾を吐きかけながらまくし立てた。「お前だろ!全部お前が仕組んだんだろ!俺をぐっちゃぐちゃにかき乱してそれ見て笑ってたんだろ!どうなんだよぉっ!答えんかい!」

いきなり起こった大声に驚いて周りの客たちは一斉に注目しているのを感じた。ふとすぐ横へパタパタと駆けてきて立ち止った足音があった。私は顔を真っ赤にしながら「あ゛ん?!」と荒い息を吐いてそちらを見た。

喫茶店の制服に身を包んだ色黒兄弟が、にっこりと笑いかけていた。

(つづく)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 第17回 HOME 第15回 >>>
プロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
忍者ビジター
最新コメント
[04/10 てりー伊藤]
[04/10 黒柳徹夫]
[02/09 婚活]
[04/15 NONAME]
[12/09 magazinn55]
投票
あなたの1票が明日のクリオをつくります。
ブログ内検索
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.