忍者ブログ
ホテルマンとして働く私たちの頭の中を、ちょっとだけお見せしちゃいます。
[739]  [738]  [737]  [736]  [735]  [734]  [733]  [732]  [731]  [730]  [729
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

色黒兄弟のひとり(おそらく弟)は瞳孔を見開き、震えていた。

私は肩で息をしながら、彼を揺すぶった。

「なんなんだ!お前らは!」私の怒鳴り声に、彼は完全に縮みあがっていた。「一体どうなってんだ!」

「へふっ、いひっ、くはっ、ふぉっ、ふぉっ、ふあっ」何かしゃべろうとしているが、怯えて言葉が出てこないようだ、彼は意味のない言葉を発し続ける。「ふぇっ、ふぐぁっ、ひぼっ、ひぼぼぼぼぼ」

「なにがひぼぼぼぼだ、この野郎!」私はさらに声を荒げ、唾を彼の顔に飛び散らせた。怒りにまかせ、襟元をつかんで前後に激しく揺さぶった。彼は目を白黒させ、リモコンと服がこすれる音がガリガリと響く。

しばらく続けたが、色黒(弟)は無言のまま口の端からぴゅーぴゅーと喘息のような息を吐き出し、私も疲れて手を離した。彼は地面にぐったりと横たわり、私を見上げたまま身動きもしなくなった。ぴゅーぴゅーと息が聞こえるだけだ。

ああ、と嘆息して空を見上げる。疲れていた。朝っぱらからリモコンだらけの世界に放り込まれ、不可解な出来事にいくつも遭遇したかと思えば、また最初からリピート、そして新たな展開。訳が分からない。作者にも訳が分からない。これからどういう展開になっていくのか、正直言ってまとまっていないので、随分と支離滅裂な方向へ行きそうな予感。なんてこった、こんな作者の茶番劇に俺は付き合わなければいけないのか?作中人物としての苦悩。思わず「とほほ」と嘆きたくなる。いつの間にか決まっていた「栗田」という名前、クリオコートだから最初は「栗尾」にしようとして、あまりにもそのままだったから「栗田」に変えたという安易なネーミング。訳の分からない世界を描こうとして、本当に訳が分からなくなって、これから俺をどう扱っていけばいいのか考えあぐねている作者のマヌケ面が容易に想像できる。それにしても色黒兄弟ってのはなんなんだ?練ってないから設定も雑じゃないか。ええ、作者さんよ、リモコンをこれからどうするつもりだい?ええ?ええ?

はあ、と大きくため息をつき、ふと気づけば、色黒(弟)がいなくなっていた。

「ああっ、逃げられた!」

(つづく)

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
color
name
subject
mail
url
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
<<< 第12.5回 HOME 第11回 >>>
プロフィール
忍者ツールズプロフィールは終了しました
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
忍者ビジター
最新コメント
[04/10 てりー伊藤]
[04/10 黒柳徹夫]
[02/09 婚活]
[04/15 NONAME]
[12/09 magazinn55]
投票
あなたの1票が明日のクリオをつくります。
ブログ内検索
忍者アナライズ
フリーエリア
忍者ブログ [PR]

photo byAnghel. 
◎ Template by hanamaru.